失敗しないで特定調停せずに済みます!

知識がなくても最善の解決方法を知ることができます!

債務整理にはそれぞれの状況に合わせて解決する4つの方法があります。

あなたの現状によって選択する解決策が違ってくるので、4つの方法の特徴とメリット・デメリットを理解することから始めましょう。

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さずに、弁護士や司法書士が借金を減額する手続きをし、3~5年程度の分割で完済できるように債権者と直接和解交渉をすることです。

メリット

  1. 任意整理後は将来の利息が免除されるので、完済が早まります。
  2. 利息制限法の計算により、借金の総額が減少します。
  3. 取引期間が長いと、過払い金が発生していることがあります。

デメリット

  1. 今後約5年間は借金ができなくなります。(ブラックリスト)
  2. 個人再生や自己破産に比べると、債務を減額させる効果が低いです。
  3. 任意整理手続きに応じない業者が最近増えています。(その理由は最後に書いてます)

任意整理を依頼すると、債権者からの請求や取り立てがストップし、返済も一旦中止できるので、一時的ですが借金返済の苦しみから解放されます。

また、保証人がいるローン(奨学金・住宅ローン・自動車ローン)を除外することができるので、保証人に迷惑をかけたくない場合は、任意整理を選択しましょう。

裁判所を通さないので官報に載ることもありませんし、保証人がいるローンを除外できるのは任意整理だけなので、家族や会社などにバレずに借金を整理できます。

個人再生

個人再生とは、裁判所に再生計画を提出し認可されると、借金が5分の1か100万円の多いほうに減額でき、それを3年(最大5年)で支払うという手続きです。

メリット

  1. 借金を大幅に減額できます。(5分の1か100万円の多いほう)
  2. マイホームを手放す必要がありません。
  3. 自己破産では借金が免除されない人でも利用できます。(免責不可がない)
  4. 職業制限や資格制限がありません。

デメリット

  1. 今後約5~10年間は借金ができなくなります。(ブラックリスト)
  2. 失業中は個人再生することが難しいです。
  3. 債務整理の中で、費用が最もかかります。
  4. 保証人に請求が行きます。
  5. 官報に掲載されます。(一般の人はほとんど見ません)

個人再生は、任意整理より借金が減額できるうえに、自己破産では免責が認められないケース(浪費やギャンブル)でも、免責を受けうることができます。

また、自己破産と違って職業制限や資格制限がないので、職業や資格を失わずに借金を整理できます。

ただし、任意整理のように整理する債務を選択できないので、保証人が付いている借金も全て対象になります。個人再生で借金を大幅に減額できるのは、申立をした債務者本人に限られるので、保証人に請求が行くことを覚えておいてください。

自己破産

自己破産とは、 多額の借金を抱えて支払いが出来なくなった人を救済するための最後の手段です。

裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」がおりれば、全ての借金をゼロにすることができます。

メリット

  1. 全ての借金の支払い義務が免除されます。
  2. 手続開始後、債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなります。
  3. 裁判所で許可された20万円以下の預貯金などは手元に残すことができます。
  4. 失業中でも申立可能です。

デメリット

  1. 今後約7~10年間は借金ができなくなります。(ブラックリスト)
  2. 浪費やギャンブルで作った借金は免責にならないこともあります。
  3. 保証人に請求が行きます。
  4. 官報に掲載されます。(一般の人はほとんど見ません)
  5. 自己破産手続きを行うと、以降7年間は、再度自己破産を申請することができません。
  6. 職種によっては、職業上の資格を失う可能性があります。(※職業・資格制限リスト

自己破産は国が定めた救済制度で、借金をゼロにしてリスタートをすることができますが、マイホームや解約返戻金がある生命保険などは全て手放さなければいけません。

また、自己破産は職業制限や資格制限があるので、職種や資格によっては一定期間、仕事まで失うことになりますし、保証人が付いている借金を抱えている場合は、保証人に迷惑をかけることは避けられません。

「借金問題を解決する債務整理の方法はこれで良いのか?」そう決断するのは素人にとっては本当に難しい選択になります。

特定調停

特定調停とは、簡易裁判所の調停委員を通して、借金を減額する手続き交渉のことをいいます。簡単にいうと、「裁判所が関与する任意整理」なのですが、デメリットが多くあまりおすすめできません。

メリット

  1. 弁護士や司法書士に依頼せずに自分で手続きできるので、費用があまりかかりません。

デメリット

  1. 調停期日の度に何回も裁判所に足を運ぶ必要があります。(月3~4回ぐらい)
  2. 手続内では過払い金が発生していても過払い金の請求ができません。
  3. 調停成立後の返済計画を守れなかった場合は、直ちに強制執行(給料等の差押)がされる可能性が高いです。

特定調停も任意整理と同様に、債権者からの取り立てをストップできますが、簡易裁判所を通した手続きになるため、何度も調停期日の度に裁判所に足を運ばないといけないので時間もかかります。

また、特定調停はあくまでも現在の借金を減額し、その支払い期間を設定するだけの制度なので、過払い金が発生していたとしても、過払い金を回収することができません。

どうしても弁護士や司法書士に依頼することが嫌で、自分で手続きをして最低限の費用しか払いたくない場合は特定調停がいいかもしれませんが、手間を考えてもわざわざ裁判所を通すメリットはほとんどないので、まず任意整理を検討することをおすすめします。

あなたにとって正しい債務整理の選択を無料で知るには?

大きく分けて4つの方法を紹介しましたが、メリットとデメリットを考慮すると3つの方法に絞られます。任意整理・個人再生・自己破産、この3つの中から選択することがベストです。

しかし、この3つの方法からどれを選べばいいのかが本当に難しい選択になります。

例えば、あなたが借金している内容が、消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードの買い物などで作った借金なのか、もしくは、住宅ローンで抱えた多額の借金なのか、事業資金で抱えた借金なのかによっても大きく違ってきます。

浪費やギャンブルで作った借金でどうしても自己破産したい場合や、夫婦で自己破産、2度目の自己破産、失業中だけど個人再生でどうにかしのぎたい場合など、難しい判断が必要なケースならなおさらです。

そして本当に辛いのが保証人の存在ではないでしょうか?保証人にどのように説明をしたらいいのか、どのタイミングで伝えればいいのか、なかなか一人では解決できない問題だと思います。

そんな問題を一緒になって解決してくれるサービスがあります。それが24時間いつでも相談できる街角法律相談所の借金解決ツールです。

街角法律相談所の借金解決ツールなら、名前や住所の入力がいらないので、家族にバレずにできるし、たった3つの質問に答えるだけで、自分に合った解決方法を知ることができます!

しかもこれ、無料なので使わないと損します。

とりあえず借金の問題を少しでも解決したいなら、無料診断を気軽に試してみてください。

どの方法があなたにとってベストな債務整理なのか、実際に借金がいくら減るのかがわかれば、今後のことをイメージしやすくなりますし、メールや専用の掲示板で匿名で相談できるので、顔を合わせては言いにくい突っこんだ質問もできて、不安や疑問もスグに解決することができますよ。

4件がヒットしました

検索条件

対応エリア指定なし事務所の種類指定なし手続きの種類指定なしこだわり条件指定なしキーワード検索指定なし 条件を変更する
必見!匿名でできる法律の無料診断!
オンライン減額診断
あなたに合った債務整理がスグわかる!

(任意整理)
着手金

▼安い
▲高い

(任意整理)
基本報酬

▼安い
▲高い

(過払い金)
報酬

▼安い
▲高い

(自己破産)
報酬

▼安い
▲高い

(個人再生)
報酬

▼安い
▲高い

特定調停のおすすめ事務所

債務Lady
全国対応女性専用

オススメのポイント
  1. 新大阪法務司法書士事務所の【女性専用窓口】
  2. 親切丁寧に女性スタッフ対応!
  3. OLや主婦の方に人気!
相談窓口:0120-819-044
報酬
種類 / 報酬 着手金 基本 減額
任意整理 0円 2万円/1社あたり 3万円
過払い金請求 20%
自己破産 25万円〜
個人再生 35万円〜
基本情報
事務所・運営元 代表者
新大阪法務司法書士事務所 金井 一美
所属弁護士会 所在地 代表電話
大阪司法書士会所属
第3137号
簡裁代理認定番号
第612044号
〒533-0033
大阪府大阪市東淀川区
東中島1-20-12-518
06-6180-4815

弁護士法人アドバンス
全国対応

オススメのポイント
  1. 弁護士に匿名で相談できる!相談は何度でも無料
  2. LINEのようなチャット形式だからめっちゃ気軽!
  3. 1分以内の超スピード対応
相談窓口:
報酬
種類 / 報酬 着手金 基本 減額
任意整理 20,000円 20,000円 10%
過払い金請求 20%
自己破産 30万円~(着手金:20万円~、報酬:10万円~)
個人再生 40万円~(着手金:20万円~、報酬:20万円~)
基本情報
事務所・運営元 代表者
弁護士法人アドバンス 五十部 紀英
所属弁護士会 所在地 代表電話
東京弁護士会所属
第38698号
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館10F
03-6268-9517

司法書士法人みつ葉グループ
全国対応

オススメのポイント
  1. 費用を抑えたい人おすすめの司法書士事務所!
  2. 4つの質問に答えるだけの匿名でできる無料診断
  3. 相談無料!総勢40名債務整理専属チームがフルサポート!
  4. テレビやラジオなど、法律の専門家としてメディア出演多数
相談窓口:
報酬
種類 / 報酬 着手金 基本 減額
任意整理 0円 50,000円 0円
過払い金請求 20%
自己破産 30万円~(※書類作成のみ)
個人再生 問い合わせ
基本情報
事務所・運営元 代表者
司法書士法人みつ葉グループ 島田 雄左
所属弁護士会 所在地 代表電話
東京司法書士会所属
第7287号
簡裁代理認定番号
第1129026号
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-36-4
全理連ビル2階
03-6263-0317

新大阪法務司法書士事務所
全国対応

オススメのポイント
  1. 親切!丁寧!低価格!着手金は完全0円
  2. 全国どこでも相談・依頼OK!
  3. 家族・知人に秘密厳守。
  4. 取り立て即日ストップも可
相談窓口:
報酬
種類 / 報酬 着手金 基本 減額
任意整理 0円 2万円/1社あたり 3万円
過払い金請求 20%
自己破産 25万円~
個人再生 35万円〜
基本情報
事務所・運営元 代表者
新大阪法務司法書士事務所 金井 一美
所属弁護士会 所在地 代表電話
大阪司法書士会所属
第3137号
簡裁代理認定番号
第612044号
〒533-0033
大阪府大阪市東淀川区
東中島1-20-12-518
06-6180-4815

更新日:

Copyright© 失敗しない債務整理 , 2020 All Rights Reserved.